アヤナスシリーズには界面活性剤が入っているの?

界面活性剤不使用か疑問に思う女性

敏感肌の人には刺激が強い界面活性剤は使わないほうがいいというのは、
もう誰もが知っている常識ですね。

 

アヤナスシリーズは敏感肌、乾燥肌の人のために作られた化粧品ブランドなので、普通の基礎化粧品以上に厳しく界面活性剤をできるだけ使わないようにしています。

 

シリーズの全てで成分を調べてみたんですが、
アヤナスシリーズはこれだけあります。

 

アヤナスシリーズ一覧

 

  • アヤナス イデアルベース ジュレクレンズ
  • アヤナス イデアルベース ソープバー
  • アヤナス RC ローション
  • アヤナス EV エッセンス
  • アヤナス AS クリーム
  • アヤナス AS デイミルク
  • アヤナス AS BBクリーム

 

これらの中で気になったのが、
「アヤナス イデアルベース ジュレクレンズ」の成分中の
「PEG-40水添ヒマシ油」という界面活性剤です。

 

もっともクレンジングなのでずっと肌につけるわけでなく、
洗顔前に化粧落としのためにせいぜいが1、2分使うといったところでしょう。

 

というわけでアヤナスシリーズ中、界面活性剤が入っているのは
「アヤナス イデアルベース ジュレクレンズ」だけです。

 

それもディセンシアが基準を厳正に調べて
敏感肌でも大丈夫なようにしているので安心していいですよ。

BBクリームの正しい使い方は?

BBクリーム

BBクリームは1本だけで薄化粧や化粧下地まで全てまかなえて忙しい時でも時間を短縮してメイクができるので働く女性が喜ぶアイテムです。

 

基本的にファンデーションの役割もしてくれて、そしてファンデーションよりも肌が自然な感じに仕上がります。

 

シミやシワ、毛穴の凹凸もきれいにカバーしてくれるのでナチュラル肌のように透明なきれいな感じに仕上がるのが特徴です。

 

ちょっと使えば、気になる毛穴が隠せて、
しかもパサパサ感もクリームなのでない上に、
見た目的に塗っている感じにもならないので若くみえます。

 

 

そんないいことづくめのBBクリームですが、
正しく使ってこそ、その良さを最大限発揮します。

 

そこで今回はBBクリームの正しい使い方を伝授します。

 

まずはじめにやるべきは洗顔ですね。

 

洗顔料を使ってきれいに皮脂汚れを取り除いておきましょう。

 

これはきちんとしておきましょう。

 

また、洗顔で汚れを綺麗に取り除いたら、
敏感肌の人は化粧水をたっぷり使って保湿をきっちりやっておくこと。

 

その後肌が乾くまで待ってくださいね。

 

BBクリームが肌にきちんと馴染んで、
自然な仕上がりにしたいのなら肌が乾いていないとダメです。

 

準備が完了したら、後はBBクリーム1本で十分です。

 

適量を手にとって顔に馴染むように使います。

 

量的には豆粒ほどで十分です。

 

おでこ、鼻のあたま、頬、顎の周辺にちょっとずつ
手にとったBBクリームをつけていきます。

 

その後、顔の内側から外側に向かって
シワをなくすように軽めに叩いてクリームを伸ばしてください。

 

全部終わったら、顔全体を馴染むように
ゆっくりとやさしく手のひらで包み込むようにして覆って下さい。

 

これで完了です。

 

動画で確認するとよくわかりますので参考にしてください。

 

 

パウダーを使ったりする人もいますが、基本はBBクリームだけで十分。

 

明るく透明な瑞々しいお肌を実現できますよ!

 

アヤナスBBクリームの公式サイトはこちら